介護福祉士試験

介護福祉士試験 短期間で効率よく合格する!勉強法

 

仕事や家事が忙しくて、なかなか勉強時間がとれずに焦っていませんか?

介護福祉士の国家試験に、短期間の勉強で効率よく合格する方法をまとめます。

1.科目の要点をつかむ

介護福祉士の試験範囲は多岐にわたります。

11科目群のすべてで得点しなければなりません。

 

全科目を網羅的に勉強するとともに、

それぞれの科目の要点をつかむことが重要です。

 

例えば、「社会の理解」の科目で過去の試験に頻出の分野は

『介護保険』『障害者総合支援』です。

逆に、『医療保険』からはあまり出題されていません。

参考書でのインプット

参考書はこれと思った1冊だけに集中しましょう。

あれもこれもと集めると、全てが中途半端になります。

 

短期間の勉強で合格するためには、あなたの知識を

一か所に集約して効率よくインプットすることが大事です。

 

ライティング

受験対策講座でのインプット

「とにかく時間がない」「何がなんでも今年度合格したい」

という方は、受験対策講座の受講が得策だと思います。

 

資格試験のプロ達が、介護福祉士試験の出題傾向を分析し、

合格に必要なポイントをすでにおさえてくれています。

 

資格スクールの受験対策講座は、効率の良さでピカイチです。

最短の勉強時間で「要点をつかむ」ことができます。

 

受講費用はかかりますが、費用対効果を考えれば損ではありません。

もし仮に今回の受験で合格できなければ・・・

  • 『実務者研修』の受講費用と時間がかかる(平成28年度試験より必須)
  • 1年分の介護福祉士資格手当がもらえない

確実に合格するために、講座受講を考えてみるのも一案です。

↓大手スクールの介護福祉士試験対策講座を一括検索
介護・福祉・医療の資格情報サイト『シカトル』

2.問題をひとつでも多く解く

「介護福祉士試験の問題が解けること」

介護福祉士国家試験に合格するために必要なことは、この一つだけです。

過去問を繰り返し解く

資格試験の王道の勉強法ですが、介護福祉士試験にも有効です。

試験の内容や出題傾向をつかみ、問題に慣れることが大切です。

介護福祉士国家試験過去問解説集2023: 第32回―第34回全問完全解説

解けないところをチェック

介護福祉士試験の過去問を解いてみると、意外に、介護の

基本的な知識である程度正解できることに気付くと思います。

 

知識のあるところをダラダラと勉強しても非効率です。

いち早く自分の苦手分野を把握し、インプットにつなげましょう。

 

3.模擬試験を受けてみる

本試験当日は、思わぬ緊張に見舞われるものです。

模擬試験で本試験のシミュレーションをしておきましょう。

  • 試験の時間配分をつかむ
  • 自分の実力をチェックする
  • 成績表から苦手科目を把握する
  • 試験会場の雰囲気を味わってみる

会場受験がベストですが、自宅受験でも時間設定さえ

きちんとできれば、十分な効果があると思います。

中央法規出版|介護福祉士 セミナー・模試情報

 

まとめ

完璧な試験勉強など、誰にもできるわけがありません。

ムダを省いて、効率よく勉強することが大事です。

 

後悔しないために、あなた自身が納得のいく、

できる限りの準備をして試験に挑みましょう。

 

RELATED POST